蒸れや雑菌が繁殖しやすい

下着姿の人

性病や婦人科系の病気

女性の陰部は男性に比べると、複雑な構造になっているため、下着などの蒸れや発汗、おりものや尿などに雑菌が繁殖すると臭いの原因になります。長時間のデスクワークをしている人は、通気性の悪い下着を着用していたり、締め付けの強いボトムスを履いていると臭いが発生しやすいです。陰部の臭いの原因は多いですが、カンジダ膣炎やクラミジア、淋病などの感染症に罹っている時などもあります。おりものの臭いが強くなったり、形状に異常が見られる場合は、婦人科系の病気が原因の可能性があります。陰部の臭いが気になる時は、病気が隠れている可能性があるので、専門クリニックを早めに受診して下さい。特に病気などがない場合は、陰部専用の石鹸を使用して、優しく丁寧に洗うことで、臭いを防ぐ効果があります。陰部の臭いが気になっていても、洗いすぎは逆効果になります。膣内には常在菌が存在していますが、常在菌を洗い流してしまうと、余計に臭いが強くなる原因になります。陰部は脇や乳首と同様に、わきが臭の原因になるアポクリン汗腺が発達をしています。耳垢が湿っていて柔らかい人や、脇に汗をかきやすく、衣類に黄色い汗じみが出来てしまう人は要注意です。陰毛が濃い人は蒸れやすい傾向があるため、きちんとむだ毛の処理を行うことで臭いを防ぐ効果が期待できます。クラミジアや淋病などの性病は、大切なパートナーに感染させる可能性があるので、早めに治療を受けることが大事です。